新着エントリー

【中級講座】モザイクタイルの余白バリエーション【2020年4月】

シャインカーバーの皆さん、こんにちは!

アカデミー長

いつもブログを読んでくださってありがとうございます。

アカデミー長の田中淳也です!

 

 

突然ですがみなさん、モザイクタイルって彫ったことありますか?

 

超シンプルな四角いマスが並んだこのデザイン。

余白の遊び甲斐があって一部のシャインカーバーさんに大人気なんです。

 

 

今回は、これまでにアップした作品の中で、

モザイクタイルの余白画像をまとめてみました。

 

 

少しでもみなさんの参考になれば嬉しいです。

 

ワークショップで体験できる5cmサイズ

 

これはワークショップ用の5cmシートを初めて試作した時の作品。

 

 

5×5のスタンダードなSサイズ

こちらは彫り跡による輝き方の違いを調べた時の写真。

 

 

彫りの深さや形状によって輝きの強さが変わって興味深い結果になりました。

詳しくはこちらの記事をご参照ください。

シャインカービングは”彫り跡”の違いで輝き方がどのように違ってくるのか?(丸刀編)

 

 

こちらは3連タイルシリーズを発売した時のもの。

 

 

10×10マス、余白だらけのモザイクタイルLサイズ!

最後はLサイズに初挑戦した時のもの。

10マス四方のこのデザイン、余白は合計なんと100箇所もあります

余白をこよなく愛するシャインカーバーさんにとって地獄の修行天国のようなシートです

 

 

 

特別複雑な線がないものの、余白のバリエーションに悩みながら彫ったので

完成まで6時間位かかりました。

やっぱり達成感は他のサイズとは段違いですね。

 

 

このLサイズのモザイクタイルに挑戦するなら、余白をたっぷり楽しめる

おうち時間応援セレクション”タイル”がおすすめですよ♪

おうち時間応援セット「タイル」をストアでみる

Lサイズモザイクタイルをストアでみる

 

僕自身まだまだ試していない模様がたくさんあるので、これからも定期的に紹介したいと思います。

 

 

アカデミー長

田中 淳也

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です