過去に実施したシャインカービングレッスンのポイント(SCP)について

シャインカーバーのみなさまこんにちは!

いつもブログを読んでくださってありがとうございます。
副アカデミー長のうえむらゆみこです。

Kickstarter、Venus Fortなどで購入したシートについて

2018年4月から実施したKickstarterのクラウドファンディングプロジェクト、8月に開催したお台場ヴィーナスフォート、数回実施したワークショップ。発売前に、既におよそ1,200枚のシャインカービングシートを皆様にお届けすることができました。
残念ながら、それらはシャインカーバー認定制度が具体化する前に生産されたため、SCP(シャインカービングポイント)シールが付いていません。
でも、せっかく早くからシャインカービングに興味を持ってくれた皆さんの作品たちにポイントが付かないなんてありえない。ということで、これらにも(シールはありませんが)SCPが付与されているとみなし、完成させることで認定制度に必要なポイントとして計算していただけます。

シート毎のSCPの確認方法
それぞれのデザインは正式発売のラインナップに含まれており、Web上にそれぞれにSCPを記載します。発売開始後、お手持ちのデザインのSCPをご自身で確認し、完成したものはSCPが得られたことにさせていただきます。青色のシールはさかのぼってお渡しするわけではなく、その証明方法など、もうすこし具体的なことはこちらのブログ、もしくは準備中の公式HPで再度説明させていただきます。

現在のシートにはすべてSCPが付いております。

オンラインストアでの購入分、店頭販売分、講習で配布した特典シートなど、すべてのシートにSCPが付いております。

※レッスンで使用するシートにはSCPは付属しません。そのかわりとして、レッスン終了時にインストラクターから茶色のSCPが手渡されます。

過去に実施したシャインカービングレッスンのポイント(SCP)について

わたくし、うえむらゆみこはシャインカービングの発売前に何度かワークショップを開催させていただきました。

例えば、東京・名古屋・安城で6月に開催しました

「消しゴムはんことシャインカービングの彫り比べ」

7月に開催しました

「消しゴムはんことシャインカービングの彫り比べ 第二弾」など。

SCPには2種類ありまして、講習用のポイントが茶色のシール。

販売用シートについているポイントが青色のシールとなります。

アカデミー認定インストラクターによる講座を受けた方は、終了時にSCPシールが与えられます。

講習の場合、1-2時間につき1SCPのシールをお渡しします。(講習内容により、与えられるポイントが変動します。)

例えば、サークルなどは2時間の設定が多いため過去のサークルレッスンに参加された方には1レッスン2SCPをお渡しします。

それでは、具体的にまとめます。

うえむらゆみこが開催した

6月のサークルレッスンに参加された方→2SCP

7月のサークルレッスンに参加された方→2SCP

※Venus Fortのワークショップで作っていただいたシートは1SCPが付きます。

(ワークショップシートは大体1時間以内で完成できるとみなしているため1SCPとなります)

工場参観ワークショップ、名古屋伏見やあま市のワークショップに参加された方にも2SCPが付きます。

シャインカービングのレッスンに参加された方

アカデミー認定インストラクターによる講座を受けた方は、終了時にSCPシールが与えられます。
レッスンの参加自体でSCPがもらえる、ということです。

つまり、認定シャインカーバーの資格は
①自宅でシートを黙々と完成させる
②レッスンでワイワイ彫ってテクニックを身につける
③その両方
という方法で取得することができます。

過去のレッスンに参加いただいた方へのSCPのお渡し方法

わたくし、うえむらゆみこが開催したシャインカービングのレッスンに参加された方へはSCP(茶色)を直接お渡しします。

お会いした際に「SCPをください」と申告してください。

レッスン出席記録と照合して直接お渡しいたします。

郵送ご希望の方

お会いする予定がなく郵送でご希望の方は以下にメールにてご連絡ください。

SNS各種メッセージでも受け付けます。

連絡方法: メールアドレス yumiko.u*scacademy.co.jp (*は@に変えてください) にメールしてください。

本文に、郵送先の〒・ご住所・お名前・参加したレッスン

例えば「7月のサークル東京」「8月の工場参観WS」などわかるようにご記入ください。

こちらでレッスン出席記録と照合の上記載の住所にSCP(茶色のシール)をお送りいたします。

 

どうぞよろしくお願いいたします。

副アカデミー長 うえむらゆみこ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です