『未完成の認定証』 シャインカーバー認定制度を形づくる”ある想い”

シャインカーバーのみなさまこんにちは!

いつもブログを読んでくださってありがとうございます。シャインカービングアカデミーの田中淳也です。

今日の記事は少しだけ長めです。でも、きっと未来のシャインカーバーさんたちにとって有益な内容だと思います。

お時間のある時に読んでみてください。

 

公式HP公開!

 

ついに・・・

ついに!!

 

シャインカービングアカデミー公式HPを公開いたしました!

あまりの嬉しさに自宅で写真を撮りました

 

みなさん是非覗いてみてください!

 

そしてそして、発売日も決定!

 

シャインカービングキット、シートは2018年9月25日公式HPにて販売を開始します

 

透明なビニールシートを彫る、ということの美しさ、楽しさ、輝き、可能性・・・それに気づいたのが昨年の春。約一年と半年かけて、何とか僕自身が納得できる品質までもって来る事ができました。発売まであと少し、色んな方のご協力のもとに準備を進めていきます!

 

是非、認定シャインカーバーになってください

さて、ここからが今日の本題です。

シャインカービングシートには、サイズや難易度に応じてSCP(シャインカービングポイント)という数字が印刷されたシールが付属しています。それらのシートを彫り終えたとき、ポイントカードにシールを張り付けていってください。

ポイントが規定値以上になると、シャインカーバー認定試験の受験資格が得られます。また、認定インストラクターのレッスンを受講することでもSCPをためる事ができます。詳しくは下記記事にて。

シャインカーバー認定制度に必要不可欠なSCP”シャインカービングポイント”について解説します

僕はクラフト素人。だからこそ生まれた認定制度

僕はこれまで”認定〇〇”という肩書を持ったことがありません。趣味は読書、スポーツにゲームなど。これまでは手芸にもあまり興味がありませんでした。そんな僕の”ある強い想い”から生み出されたシャインカービングは、僕自身のこれまでの人生さえも変えてしまったようです。

クラフトに関して素人同然の僕が認定制度を作りたいと思い立ち、その仕組みを考えたときにこれだけは絶対に譲れないと心に決めていたコンセプトがありました。

それは、

認定を受けたみんなが心から喜び、自分を褒めてあげられる。そんな気持ちになってもらえるような仕組みを作ろう。

ということです。では、どうしたらそんな仕組みを作ることができるんだろう。

志は定まっていたものの、それを実現できるアイデアがなかなか出ず、数か月間悩むことになりました。そこで、あるとき少し考え方を変えてみました。

そうだ。今のところ僕が世界でだれよりもシャインカービングを愛しているんだ。だから、「僕自身」が認定シャインカーバーになったことを心から自慢できるようなものにすればいいんだ。自分の理想を形にすればいいんだ!

そう考えることで、本当にワクワクするようなアイデアが沢山浮かんできたんです。

満を持して登場する予定のこの”認定シャインカーバー制度”ですが、僕の理想がいっぱい詰まった、これまで世界で存在していなかった、このアートならではの方法で未来の認定シャインカーバーさんたちに喜んでいただけるものになっているはずです。

その自信があります。だってこれを思いついた僕が一番欲しいんですから(笑)

今日は、その理想の一つがほぼ完成したため、少しだけお見せしたいと思います。

 

それは、試験に合格した証として発行される認定証です。

 

認定証は完成されており、受け取ったら自宅に飾るもの

一般常識として、『認定証』は完成しています。(文章が途中で終わっていたり、どこか一部分が欠けていたりしたら認定証として意味がないので当然ですよね。)

そして、受け取ったら額などに入れて自宅に飾るものです。もしくはオフィスかもしれません。飾られることなく、引き出しの中にしまわれているものもあるかもしれません。

 

でも、僕がもし認定シャインカーバーとして認められたら、認定証を誰かに見せたいです。自慢したいです。同じ思いの友人たちと喜びを分かち合いたいです。だって、シャインカービングが大好きなんです。

もし、将来僕と同じようにシャインカービングを大好きになってくれる方も、そう感じるかもしれない。

じゃあ、いつでもどこでも自慢してもらおう。バッグに入れて持ち歩き、所構わず見せる事ができる認定証にしてしまおう!

そう決まった時、紙の認定証を使うことをやめました。

 

認定証として紙の代わりになる材質・・・・

 

そうだ。シャインカービングシートで認定証を作ってしまおう。

これが、世界で唯一ビニールシートで作られた”シャインカービングシート認定証”です。

今日、2018年9月14日にやっと完成しました。できたてホヤホヤです。モザイクの部分に、認定IDと名前が入ります。

上の画像は認定の最初のレベル”Novice Shinecarver“(初級シャインカーバー)の認定証です。

通常のシャインカービングシートとは違い、表面色は”シャインシルバー“で仕上げがされており、高級感があります。初見ではビニールシートだとわかる人はいないでしょう。(というか認定証にビニールシートを使うアートが他にするでしょうか。)

このままでもすっごくカッコ良くないですか?自慢したくなりませんか?

 

でも思い出してください。これはシャインカービングシートでできているんです。

 

もちろん、彫ると色が出てきます!

内側の文字部分も彫ることはできますが、全部彫るとせっかくのシャインシルバーが無くなります。外枠のデザインのみを彫ってください。

デザインへのこだわり
この認定証のデザインにもある別の想いがこもっているのですが、ここに書き出すと非常に長くなってしまうため今後改めてご紹介します。

このように、認定シャインカーバーに贈られる認定証は、自分で彫ることで初めて完成します

認定試験に合格した技術を駆使した彫刻が施された認定証は、認定時点での自分の実力を認定書に反映し、保存できるというメリットがあります。もちろん、余白の遊びや黒線のライン取りの美しさは人によって千差万別。同じ級の認定証であっても、誰一人として同じ仕上がりにはなりません

認定証のサイズも、バッグに入れやすいようにコンパクトになっており、完成した自分だけの美しい認定証を、いつでもどこでも誰にでも見せる事ができます

未完成の認定証。自分で彫ることで完成させる認定証。持ち歩いてみんなに自慢できる認定証。

僕の理想、想いの詰まった認定証になりました。

 

世界中どこを探しても、こんな認定証を贈るアートはありません。

 

クラフト素人の僕だったから、彫刻刀に人一倍思い入れのある僕だったから、シャインカービングを心から愛している僕だったからこそ、こんな認定証になりました。

上級レベルのシャインカーバー認定証は、デザインや背景の色が異なります。追々ご紹介できると思います。

おわりに

今日は、理想の認定シャインカーバーの特典のうちの一つをご紹介いたしました。まだまだ他にも特典がいっぱいの認定制度。はやくみなさんに紹介したい・・・

絶対に満足していただける自信があります。このシートを手にするほどのシャインカービング愛をもった方が増えるように頑張ります。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です