【シャインカーバー認定制度】現在構築中です

シャインカーバーのみなさまこんにちは!

いつもブログを読んでくださってありがとうございます。シャインカービングアカデミーの田中淳也です。

シャインカービングはビニール彫刻であり、世界でも例を見ない分野です。そのため、品質管理など量産するにあたって様々な問題に直面しています。8月発売を予定しておりましたが、9月中旬に変更となりました。この場を借りてお詫び申し上げます。

発売日まで待てない!という関東在住の方、8月6日~10日、及び14日~19日までお台場ヴィーナスフォートにて終日シャインカービング体験会を実施します!予約不要。場所・詳細はこちらのリンク)正式発売前ですが、シャインカービングキットやキックスターターバージョンのシートの販売も行う予定です。(期間中毎日朝から晩までヴィーナスフォートに居ます。僕に会いたいという奇特な方、歓迎します。)

また、東海地方在住の方は8月22日~25日に義春刃物㈱工場にてシャインカービングワークショップを実施します。要予約。(場所・詳細はこちらのリンク)

シャインカービング発売のための準備に追われ本当に本当に毎日忙しいのですが、大好きなアートを多くの方に知ってもらいたい!という気持ちで仕事をしているので精神的にとっても充実しています。

早く皆さんにもこのシャインカービングを体験してほしい。ハマってほしい・・・

毎日そんなことを考えながら一生懸命頑張っています。

 

 

さて、今回は現在準備中であるシャインカービングの認定資格について少しだけご紹介させていただきます。

 

シャインカービングの認定資格について

まず、なぜ僕がシャインカービングに認定制度を取り入れようと考えているかを説明します。

先述の通り、シャインカービングはビニールシートを彫刻する新しいアートです。みなさん木彫りは子供の頃に授業で習いましたよね?版画や立体彫りなどで木を自在に彫ることにはなれていると思います。なので柔らかいビニールなんか最初からカンタンに彫れちゃうわ♪というイメージを持たれる方が多いです。

でも、実はシャインカービングと木彫りは彫り方に違いがあるんです。

大きな違いはシート自体を動かして彫ることと刃角のコントロールの仕方。何の前情報も無く木彫りと同じ感覚で彫ると、はじめての方はとっても硬く彫りずらく感じてしまうのです。

 

昔習った彫り方をシャインカービングに適したフォームに少しずつ修正していくことで、だんだん思った通りの線がラクに彫れる用になっていき、次第に彫ることそれ自体が楽しくなっていきます。ただし、その楽しさを感じてもらうためには少し時間がかかるのです。

そのため、雑貨店さんなどにポンと前情報無くシャインカービングキットのみを置いていただいたとして、それを気軽に購入してくださったユーザーさんが楽しさを感じる前にシャインカービングから離れてしまうという事態が起こることが懸念されます。せっかくシャインカービングに触れていただく以上、楽しくなるまでの導線には一番気を配る必要があります。

 

以上を踏まえ、シャインカービングアカデミーは当面の間、販売形式を対面でのワークショップやレッスン、イベント会場やオンラインでの直接販売に絞り、シャインカービングの楽しみ方をしっかりとお伝えする体勢を整える・大好きになってくれるファンを増やすことに重点を起きたいと考えています。

 

シャインカービングの魅力を効果的に伝える方法として僕が取り組みたいことは、シャインカービングにハマってくれたファンの方が講師となって、ワークショップや教室を通じて新しいファンを増やしていただくということです。

そのためにはインストラクターの認定資格制度を作り、認定シャインカーバーとしてアカデミーの一員となってもらうための仕組みが必要です。

現在、消しゴムはんこ界で非常に人気のあるうえむらゆみこ先生をはじめとする少数精鋭にて認定資格の基準などを策定しています

認定講座について
現在、認定は通信講座にて行い、課題の提出などによって認定可否を決定するシステムにする予定です。今後内容に変更の可能性はあります。

 

もちろん、インストラクターになるつもりはないけれど、自分の実力を確かめたいという方のために複数段階の認定シャインカーバーの資格も用意する予定です。

 

そして・・・認定されたあかつきに手に入れることができるあの認定証

 

きっと、世の中のどの認定証よりも手に入れたくなる

 

そんな素晴らしいモノが出来上がるはずです。

 

 

シャインカーバー認定制度は9月後半、シャインカービング発売からほどなくして開始できる予定です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です